着火箱

着火箱って何?

ソロキャンパーやキャンプなどの焚き火初心者に朗報です!

ふふふ 蔵BESTのカップ酒はダンボール製の箱に入っております。そのダンボール製の箱を、焚き火の着火にお使いいただけるよう工夫致しました。(着火の際はやけどやけがをしないよう十分ご注意下さい。)

着火箱の燃焼原理は「ロケットストーブ」です。

着火箱は「ロケットストーブの原理」を利用しています。側面の加工部より新鮮な空気を取り入れ、上昇気流で上方向に燃焼をさせて薪や枝などの対象物に着火をしています。きれいな燃焼をするためには、空気の流れが大切のなります。ですので、空気が流れやすいよう箱のに燃焼物をギュウギュウに入れないで、フワッっと入れてください。固形燃料を使う場合も同様です。なお、着火箱はダンボール(紙)製ですですので、箱自体も燃えてしまいます。

《お願い》着火箱はホチキス(金属)で4か所を止めています。焚き火などが終了した後は、各施設や自治体等のルールに従って処理をしてください。

着火箱の作り方&使い方

①先ずは、カップが入っている「フタまたは身」を↓の画像のように筋目のある面積の広い側面の緑色の点線部分(実際の箱には点線はありません。)をカットします。

箱の側面は筋目に沿ってカットして下さい。箱の角部分のカットは箱の内側から刃物を入れると切りやすいです。

※手を切ったりケガをしないようご注意ください。

※着火箱はフタと身で2回分として使用できます。

②カットした箱の側面の下半分を外側に開きます。

③着火箱用に中に入れるものをご用意いただきます。(あくまで参考です。皆様の好みの物でご準備下さい。)

  • 加工した「フタまたは身」1個(②の画像のように加工されたもの)
  • 「ティッシュペーパー」数枚(または着麻繊維等 の燃えやすいものや着火剤など)
  • 「乾燥した植物の枯葉や穂、松ぼっくりや樹皮、細い枝など」
  • 「割りばし程度の細さの乾燥した枝木など」

※この他に、「細めの薪」「薪」をご用意ください。

④ティッシュペーパーなど火が付きやすい素材を箱の下側にふんわりと(ギューギューに詰めると火が付きにくくなります。)敷き入れます。(画像は市販の2枚重ねのテッシュペーパー2組を使用しています。)

をご用意ください。

⑤乾燥した植物の枯葉や穂、松ぼっくりや樹皮、細い枝を箱がいっぱいになる量を箱にふんわりと入れます。「割りばし程度の細さの乾燥した枝木や草」をランダムに並べます。

さらに「細めの薪」を着火箱に放射線状に立てかけます。

※↓画像↓より細い薪や乾燥した木を使うと、火が一層付きやすくなります。

⑥ティッシュペーパーに着火します。

火が付いているのを確認します。

⑦火がある程度全体に回ってきたら、必要に応じ薪を足すなど火を安定させてください。

焚き火初心者からベテランまで必見

新潟県S様のアドバイスを頂きまして「固形燃料」+「着火箱」です。着火箱には枯草や燃えやすいものを着火箱には入れず、市販の固形燃料(1人用の料理のなど鍋の下で加熱用に使われる水色の燃料)だけを2個使用しました。

市販では25g30gの固形燃料の販売(AMAZONなどの通販でも)が散見されます。今回は30gの固形燃料を2個使用しましたが、25gでもOKかと思います。

確実&効率的に着火ができておすすめ

確実&効率的に焚き火の着ができます。割りばしのような太さの薪を用意しなくても、乾燥した細めの薪があれば着火が可能です。実際にやってみると、想像以上にうまく薪への着火ができることと思います。

そんなにうまく着火するのは何故?

原理の説明から。「加工した側面の穴から空気が入り、上昇気流が起きるロケットストーブの原理により安定かつ強力な火力が発生します。」

さらに、箱に立てかけるように組む薪と固形燃料の間に空間(適度な隙間)ができ、固形燃料の炎が上方向に強く燃え上がり安定的に燃焼するので、ベストな状態での着火が可能です。

ご注意下さい。

  • やけどやケガをしないよう十分ご注意ください。
  • 周りに燃えやす物がないことを確認してください。
  • 焚き火・火の始末はルールに従って行ってください。
  • 「おねしょ」をしないよう十分ご注意下さい。

新潟県S様(固形燃料使用)

着火箱を2重にして、中に固形燃料を入れて使用されています。

S様談「昨日キャンプで着火箱トライしてきました。 思ったより上手く行って簡単に着火しましたよ。 ロケットストーブ効果もありました。ナイフでの工作も楽しく、着火前の儀式の様でよかったです。 何より固形燃料が安定して置けるのが良いですね。」